野菜配合のドッグフードを安全性から選択する

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ドッグフードを選択する時はサイズやライフステージを考慮することは基本ですが、安全性を考えることも飼い主さんには求められるでしょう。

近年、海外のペットフードのリコール問題に関する報道を見たことがあるという方も少なくないでしょう。人間よりも食品衛生に関する法律が整っていないため、ドッグフードに関して安全性の面で不安を覚える方も少なくありません。安全性を確認したい方は野菜が配合されているドッグフードのパッケージに記載されている原材料を確認されてみてはいかがでしょうか。

原材料にはそのドッグフードに配合されている材料が細かく記載されています。その中に防腐剤や着色料などの記載がある商品はなるべく選択を控えましょう。保存料なども同様にこれらは添加物と呼ばれ、長い間摂取するとアレルギーを発症する恐れがあります。また、臓器に負担をかけるため悪玉菌の増加の原因になる可能性があります。悪玉菌が増加すると免疫力が低下するため、なるべく無添加の野菜配合のドッグフードを選択される飼い主さんが増えています。

その他にもどのような肉が使われているのか、野菜には何が使われているのかなどを確認して嗜好に合ったものを選択しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

野菜配合のドッグフードをライフステージや年齢で選び方について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

野菜配合のドッグフードの選び方について知りたいという方も多いでしょう。野菜が配合されているドッグフードの種類は数が多く、迷われるという方も少なくありません。ドッグフードは愛犬のライフステージや大きさで選ぶというのが基本になります。年齢やライフステージによって摂取しなければならない栄養素の量が異なるからです。

例えば幼犬においては成長段階に突入し成犬になるために必要な栄養分を数多く与えなければなりません。そのため、栄養価の高いものや、タンパク質の多いものを選択することが求められるでしょう。野菜が配合されており、タンパク質が多いものを選択したいと思わる方は、メインに肉か乳製品が使われているのかを確認します。乳製品はアレルギーなどを引き起こす恐れがありますから、肉メインのドッグフードを選択します。

現在では犬の高齢化が報道などで取り上げられることがあります。人間と同様に犬も年を取れば以前のように走り回ることができなくなったり、白内障になる犬も少なくありません。それぞれの犬のライフステージに合わせて野菜配合のドッグフードを選択します。また、ライフステージだけでなく大きさも考慮します。パッケージには年齢に合わせて販売を行っているところもあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

野菜配合のドッグフードで食物繊維

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

野菜配合のドッグフードの多くは6大栄養素として知られる食物繊維を摂取することができます。従来においては犬には野菜は必要ないと言われていました。何故ならこの6大栄養素である食物繊維を摂取しなくても栄養不足で死に至るということはないからです。そうであれば必要ないのでは?と思われる方もいますが現在では癌を危惧する方も数多く、野菜を犬に与えている飼い主さんは少なくありません。食物繊維は腸内環境に良い影響を与えるということはご存知ですか。

腸が担う役割は唯単に消化をして便として排出することだけではありません。その他にも免疫機能を備えているとされています。免疫機能は生きていく上でとても重要な機能です。また、腸には悪玉菌が住み着いています。悪玉菌が多くなれば発がん性物質などを発生させる可能性があるからです。

悪玉菌を少なくし善玉菌を増やすためには食物繊維が含まれる野菜を普段の食事の中で摂取しなければなりません。そのため、野菜が配合されているドッグフードを犬に与えて食物繊維を摂取させることで、腸内環境に一定の効果を期待できるのです。そのため、数多くの飼い主さんは肉だけでなく野菜が配合されているドッグフードを選択しています。

参照資料・・・モグワン|手作りレシピを厳選食材で実現!穀物不使用のドッグフード―MogWan
食物繊維の入ったカボチャを使用しているモグワンドッグフードを販売しています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

野菜配合のドッグフードについて

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

健康は食べ物で作られると言っても過言ではないでしょう。食べ物から栄養素を吸収することで私たちは生きていますが、もし食べ物が偏ったり食材が粗悪なものであれば臓器の負担は大きくなります。人間も同様ですが犬も基本的に食事から栄養を摂ります。人間に比べて犬は寿命が短いです。そのため飼い主の多くはなるべく長生きして欲しいと思うのが一般的ではないでしょうか。食事の選択は全て飼い主さんが行うことになります。例えばどのような成分が配合されているドッグフードを選択するのかなどです。もしドッグフードの選択を誤り、犬の健康を害してしまった時は飼い主さんの多くは責任を感じる方が多いのではないでしょうか。

現在では数多くのドッグフードが販売されているため、飼い主さんの選択肢は従来に比べて増えています。そのため選択に悩んでいる方も少なくないでしょう。悩んでいる方は野菜配合のドッグフードを選択してみてはいかがでしょうか。

実際に野菜は人間だけでなく、犬においても健康効果を期待することができます。確かに人間が食べられる全ての野菜を犬が食べられるということではありません。例えば玉ねぎは野菜の一種になりますが犬が食べることで死に至る可能性もあるからです。犬にとって健康に良い影響を与える野菜もありますが健康を害してしまう野菜も存在します。そのため、生の状態の野菜を直接与えるのは好ましくありません。今回は野菜配合のドッグフードについて紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket