野菜配合のドッグフードで食物繊維

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

野菜配合のドッグフードの多くは6大栄養素として知られる食物繊維を摂取することができます。従来においては犬には野菜は必要ないと言われていました。何故ならこの6大栄養素である食物繊維を摂取しなくても栄養不足で死に至るということはないからです。そうであれば必要ないのでは?と思われる方もいますが現在では癌を危惧する方も数多く、野菜を犬に与えている飼い主さんは少なくありません。食物繊維は腸内環境に良い影響を与えるということはご存知ですか。

腸が担う役割は唯単に消化をして便として排出することだけではありません。その他にも免疫機能を備えているとされています。免疫機能は生きていく上でとても重要な機能です。また、腸には悪玉菌が住み着いています。悪玉菌が多くなれば発がん性物質などを発生させる可能性があるからです。

悪玉菌を少なくし善玉菌を増やすためには食物繊維が含まれる野菜を普段の食事の中で摂取しなければなりません。そのため、野菜が配合されているドッグフードを犬に与えて食物繊維を摂取させることで、腸内環境に一定の効果を期待できるのです。そのため、数多くの飼い主さんは肉だけでなく野菜が配合されているドッグフードを選択しています。

参照資料・・・モグワン|手作りレシピを厳選食材で実現!穀物不使用のドッグフード―MogWan
食物繊維の入ったカボチャを使用しているモグワンドッグフードを販売しています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket